【謎解明】軽自動車の白ナンバーは大歓迎!黄色ナンバーがダサいと思う人も軽自動車に乗れる!

先日、スズキエブリイワゴンの白ナンバーを見かけました。

そしてエブリイだけでなく、その他にも明らかな軽自動車なのに白ナンバーの車をよく見かけるんです。

昔から軽自動車と言えば、黄色ナンバーと相場は決まってたんで、すごく違和感を感じてたんですが、あまりにも多いのでどういうことだろうと思い、調べてみたところ、その謎がようやく解明しました。

軽自動車の白ナンバーは、2019年に日本で開催されるラグビーワールドカップの特別仕様ナンバーなんです。

スポンサーリンク

この特別仕様ナンバーの交付は2017年4月から始まっていたようですが、最近になって頻繁に見かけるようになりました。

軽自動車の白ナンバーへの変更は申し込みをすればできるようですが、交付費用が7000~9000円ほどかかるようです。

交付費用は各県によって違うそうですが、交付費用の他に1000円からの寄付金付きのナンバープレートもあります。

寄付金ありのナンバープレートは、図柄が入っているので簡単に見分けがつきますが、個人的には図柄が入っていないナンバープレートの方が好きです。

当然ですが、この白ナンバーはラグビーワールドカップが終了しても、廃車にするまではそのまま使えます。

ということで謎が解明したわけですが、軽自動車の白ナンバーってどう思います?

昔は軽自動車がダサいと言われていた理由のひとつに黄色ナンバーってところがあったので、個人的には白ナンバーはいいと思います。

スポンサーリンク

以前の軽自動車と言えば、その名の通り小さくていかにも軽です!って感じがしましたが、最近の軽自動車、特に軽トールワゴンなどは普通車と見まごうほどの大きさですから、白ナンバーにすればダサい軽自動車のイメージではなくなります。

特に軽ワンボックスは軽自動車の大きさの規定目いっぱいの大きさですから、白ナンバーの方がカッコイイと思いますし、管理人の車も白ナンバーにしたい気持ちはあります。

ただ、個人的な意見として唯一のデメリットを言えば、白ナンバー交付に7000円以上もかかることなんです。

これは考え方次第だと思いますが、7000円もあれば、さまざまなドライブグッズや車中泊グッズ、メンテナンスグッズなんかも買える金額ですから、貧乏性の管理人としては白ナンバーにするよりもグッズを買った方が後々薬に立つのかななどと考えてしまいます。

もし、今すぐに軽ワンボックスの新車を購入するのであれば、絶対に白ナンバーにしますが、今乗っているエブリイは中古車で、あと数年でまた買い替え時期がきますので、今回はパスしておきます。

願わくば、今回だけでなく、何かしらの理由を作ってもらってもいいですから、常に特別仕様ナンバーの交付をしてもらいたいと思いますし、もっと言えば、車の購入時に自分の好みの数字を選べるわけですから、さらに金額を上乗せして白ナンバーにできるという制度にしてもらうことを期待しています。

ちなみにラグビーワールドカップの白ナンバー交付申し込みサイトはこちらです。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする