軽ワンボックスの中古車購入は中古車販売店・中古車サイト・中古車オークション

軽ワンボックスの中古車を購入するには、リアル店舗の中古車販売店かネットの中古車販売サイト(以降中古車サイト)からの通販の他、中古車オークションがあります。

ネットが普及する前の中古車探しと言えば、休日に中古車販売店を見に行くというのが一般的でしたが、現在では中古車サイトで欲しい軽ワンボックスを検索するだけで見つかります。

ネットで中古車をというのは、時間も曜日も関係ありませんし、車種はもちろん地域も限定して検索できますのでとても便利です。

管理人の歴代の軽ワンボックス5台はすべてネットで購入しました。

遠方の中古車販売店から通販で買った車もあれば、ネットで探した隣町の中古車販売店に見に行き、現車を見てから購入した車もあります。

また、知り合いの中古車販売店に頼んでオークションで落札した車もあれば、ヤフオクで見つけた車を落札したこともあります。

新車に関しては、車の状態はすべて同じですから、どこで買うかがポイントになりますが、中古車の場合は1台1台すべて違うものですので、できるだけ状態の良い中古車をできるだけ安く買うためには、どこで探すかがポイントになってくると思っています。

ここでは中古車販売店、中古車サイト、中古車オークション、それぞれの詳細とメリット、デメリットをまとめました。

スポンサーリンク

中古車販売店

中古車販売店には、ディーラーが運営している中古車専門店や百台も展示してある大型中古車販売店から個人経営の中古車販売店までさまざまです。

どこで選ぶかは、購入予算によって変わってきます。

予算はあるのでなるべく状態の良い軽ワンボックスが欲しいということであれば、ディーラー系の中古車専門店や大型中古車販売店を中心に探す方が欲しい車が見つかる確率が高くなります。

それはディーラー系の中古車専門店や大型中古車販売店では、潤沢な資金を武器に状態の良い中古車を仕入れられる傾向が高くなるからです。

反対に状態は多少、悪くても少ない予算で買える軽ワンボックスが欲しいという場合は、個人経営の中古車販売店も視野に入れて探す方が欲しい車が見つかる確率が高くなります。

個人経営の中古車販売店では、ディーラー系の中古車専門店や大型中古車販売店が状態があまり良くないという理由で仕入れなかった車を仕入れる場合もありますし、タイミングが良ければ状態の良い下取り車に出会えることもあるからです。

車の仕入れは業者専用の中古車オークションで落札するか、他の中古車販売店から業者価格で譲ってもらうか、お客さんから車を買い取るかになりますが、個人経営の中古車販売店では、稀にお客さんからの買取車の状態が良く、極上の中古車が見つかる可能性もあります。

管理人が今乗っているスズキエブリイは、個人経営の中古車販売店の下取り車だったのですが、4年落ちで走行距離が約14000kmという極上車に出会いました。

価格は車検2年付きで74万円でしたが、同じグレードの中古車価格相場と比較したところ、10万円以上は安く買えた経験があります。

下取り車がある場合はその販売店で買い取ってくれて、値引きで対応する場合がほとんどです。

中古車販売店のメリット

中古車販売店を利用するメリットとしては…

①現車を確認してから買える

②陸送などの余計な費用がかからない

③メンテナンスや車検の相談ができる

などが挙げられます。

これらのメリットは当然のことなのですが、ネット通販や中古車オークションとの比較することでメリットになると思っています。

①について補足しますと以前は当然のことでしたが、ネット通販や中古車オークションでは実際に購入する車が確認できないことがありますが、現車がある状態なので、ご自身で細部まで確認できるということです。

見た目などは、ネット通販や中古車オークションでも写真で確認できますが、絶対に確認できないのがニオイです。

中古車の中には、稀に練炭などのニオイが付いてしまっている車もありますので、注意が必要です。

②について補足しますと、遠方からのネット通販や中古車オークションでは、車を自宅まで運んでもらう必要があります。

そのための陸送費がかかりますが、近隣の中古車販売店なら納車してもらうか、自分で引き取りに行けばいいので、この費用がかかりません。

③について補足しますと、遠方からのネット通販や中古車オークションでは、アフターサービスはまったく期待できませんが、近隣の中古車販売店ならメンテナンスから修理、車検などの相談ができます。

中古車販売店のデメリット

中古車販売店を利用するデメリットとしては…

①欲しい車の条件が合わずに妥協する場合がある

②付き合いが長くなると気を使ってしまう

③下取り車の買取価格が安くなる可能性がある

などが挙げられます。

①について補足しますとリアルな中古車販売店では、たとえ台数が置いてある大型展示場だったとしても、車に限りがあります。

それが軽ワンボックス専門店であったとしても同じで、グレード、装備、カラー、年式、走行距離などはその中古車販売店に置いてある車のみとなってしまいます。

その中にお金を払う価値がある車が無かった場合、購入をあきらめる、もしくは希望の条件を妥協して購入するということがあります。

②について補足しますと特に個人経営の中古車販売店に見られがちと言えますが、長年、車のことは知り合いの中古車販売店でお世話になっていると言った場合、人間関係をスムーズにしたいという気持ちから、使わなくても良いような気を使ってしまうことがあります。

それがネット通販などですと、まったく気を使う必要が無くなります。

③について補足しますと中古車販売店では、下取り車はなるべく安く買い取りたいと考える傾向がありますが、車の買取価格は地域によって変わってくることもありますので、なるべく高く買い取って欲しい場合は買取専門業者を利用する方が良いこともあります。

スポンサーリンク

中古車サイト

今やネットで買えない物はありませんが、車にしても然りです。

ネット通販で中古車を探すには、中古車サイトを利用しますが、有名な中古車サイトには、カーセンサーグーネットなどがあります。

現車も見ずにお金を払う気にならないという方もいらっしゃると思いますが、時代の流れとして車はネットで選んで自宅まで送ってもらうというのも自然なことなのかもしれません。

管理人は、2台の軽ワンボックスをネット通販で購入したことがありますが、通販で買おうと思った理由は、相場より安いからでした。

初めて買ったのは中古車サイトに掲載されていた関西地方の中古車販売店で、リアルな中古車販売店では50万円前後していた軽ワンボックスが総額40万円ほどで出品されていました。

見た目や内装などはビデオで紹介されていて、キレイだったことから問題無いと判断し、エンジンの調子や車内のニオイなど、不安な点について問い合わせのメールをしたところ、丁寧な対応をしていただいたことから購入を決めました。

関西と関東という距離はありましたが、書類の手続きは郵送で済みましたのでまったく問題ありませんでしたが、陸送費が30000円ほど余計にかかりました。

しかし総額では相場よりも安く済みましたし、実際に届いた車も満足できるものでした。

もう1台は中古車サイトで見て、購入候補に入れた軽ワンボックスがたまたま県内の中古車販売店だったことから、現車を見に行ったところ、問題なかったのでそのまま契約しました。

県内でしたので車は自分で取りに行ったので、陸送費はかかりませんでした。

その時は下取り車と交換でしたが、下取り車がある場合は買取専門業者に依頼するのが最も現実的です。

中古車サイトのメリット

中古車ネット通販を利用するメリットとしては…

①自分好みの車が見つかる確率が上がる

②24時間365日いつでも車が探せる

③絶版車などが探せる

などが挙げられます。

①について補足しますと中古車ネット通販サイトの多くは日本全国の中古車販売店と契約していますので、多くの中古車が掲載されています。

したがってリアルの中古車販売店だけでは見つからないような自分好みの状態の軽ワンボックスが見つかる確率が高くなります。

②について補足しますと中古車販売店に行って中古車を探すには、休日などを利用しなくてはいけませんが、ネットなら24時間365日いつでも探せます。

忙しくて中古車を探しに行けないという方には最適な探し方です。

③について補足しますと車というのはマイナーチェンジやフルモデルチェンジなど変更がありますし、時代の流れによっては生産中止などになってしまう場合もあります。

軽ワンボックスで言えば、生産中止になったスバルサンバーやホンダバモス・ホビオは未だに人気がありますし、欲しい人も多いと思いますが、近隣の中古車販売店では見つからなくても、中古車ネット通販サイトならメーカーや車名、年式などで検索できますので、幻の絶版車などが見つかる可能性が高くなります。

中古車サイトのデメリット

中古車ネット通販を利用するデメリットとしては…

①現車を見て確認することができない

②陸送費や手数料など余計な費用がかかる

③下取り車の処理に手間がかかる

などが挙げられます。

①について補足しますと中古車サイトで欲しい車を見つけたとしても、その販売店が遠方だった場合、現車を自分の目で見て確認することができません。

細かいところ確認せずに購入してしまって、納車されたら思っていたものと違ったということにもなりかねません。

そういった場合は、購入前に不安なところを問い合わせれば、ほとんどは解決できるとは思いますが、不安は残ります。

②について補足しますと近隣の中古車販売店での購入であれば、車両価格と諸費用の支払いで済みますが、遠方から車を送ってもらう場合の陸送費や名義変更手数料などがかかります。

陸送費は距離や車のサイズによって決まります。

一例として東京⇔大阪での軽ワンボックスの陸送費は5万円前後です。

③について補足しますと中古車販売店であれば、その店で下取りしてもらうが一般的ですが、ネット通販では下取り車の受け渡しなど手間を考えると下取り車は買取専門業者に依頼するのが現実的です。

その場合、買うことと売ることが別の工程になるので手間が増えてしまいます。

スポンサーリンク

中古車オークション

オークションで中古車を買う最大の理由は価格が安いということです。

中古車販売店にしてもネット通販にしても、必ず販売店の儲けが上乗せされていますが、オークションであれば業者が仕入れる価格に近い価格で購入できる可能性があります。

中古車オークションには、中古車オークション代行業社を利用して落札してもらう方法と個人で落札から手続き、陸送の手配まで自分で行う個人売買があります。

中古車オークションとは、中古車販売店やディーラーなどの業者が車を仕入れるために利用する制度で、日本全国にオークション会場があります。

オークション会場に入場するには資格が必要ですので、一般の方は入場できません。

※オークション会場への入場資格は、古物許可証や営業活動の有無、連帯保証人、保証金支払いなどの条件を満たす必要があります。

したがって中古車をオークションで落札するには、中古車オークション代行業社を利用するか、知り合いの車屋さんにお願いして落札するかしかありません。

中古車オークションの個人売買というのは、ヤフオクなどを利用することです。

ヤフオクなどのネットオークションで出品されている中古車を自分で落札して、名義変更などの手続きや陸送の手配などすべて自分で行います。

ネットオークションに出品されている車自体が安い上に手続きを自分で行うことで、本来であれば販売店に支払うべき手数料などは一切かかりません。

下取り車がある場合はオークション代行業者に依頼してオークションに出品してもらうことも可能ですが、個人売買の場合はご自身でオークションに出品することもできます。

その手間はかけたくないという場合には、買取専門業者に依頼するのが最も現実的です。

中古車オークションのメリット

中古車オークションを利用するメリットとしては…

①希望通りの中古車が探せる可能性がある

②中古車販売店で買うよりも安く買える可能性がある

などが挙げられます。

①について補足しますと中古車というのは新車と違い、グレードやカラー、状態などそれぞれ違いますので、中古車販売店や中古車サイトで希望の条件で見つかるかどうかわかりません。

しかし、中古車オークションであれば、条件に合った車で探しますので、希望に近い車が入手できる可能性が高くなります。

②について補足しますとオークション代行業者に手数料を払ったとしても、中古車販売店よりも安くなる可能性がありますし、個人売買に関して言えば確実に安くなります。

わざわざ中古車オークションを利用して車を購入しようと考える方たちの多くは、状態の良い車をより安く入手したいと考えているものです。

中古車オークションのデメリット

中古車オークションを利用するデメリットとしては…

①車が乗れるまでに時間がかかることがある

②粗悪車に当たってしまう場合がある

などが挙げられます。

①について補足しますと、希望通りの車を探すためには条件に合った車が出品されなくては購入することができません。

しかもいくら待ったとしても、希望通りの車が出品されるかどうかもわかりませんので、早く車を買い替えたい場合などは条件を妥協しなくてはいけなくなる可能性があります。

②について補足しますとオークション代行業者に依頼した場合は確率は低くなりますが、ヤフオクなどを利用して個人売買で購入する場合は、粗悪車を掴まされてしまうこともありますので注意が必要です。

スポンサーリンク

まとめ

中古車を購入する条件というのは、個人個人で違いますが、状態の良い車をなるべく安く買いたいというのは、誰しも思うことでしょう。

安いということにフォーカスすれば、個人売買で購入するのが最も安くなりますが、その分、煩雑な手続きや粗悪車など手間や不安が付きまといます。

そんな手間や不安は省きたいという場合は、中古車販売店か中古車サイトを利用する方が安心です。

それでも個人売買で安く車を入手したいなら、個人売買のマッチングサービスで手間や不安の部分を解消できるガリバーフリマなどを利用してみるのも選択肢のひとつと言えるのではないでしょうか。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする