人気の軽スーパーハイトワゴン5車種を比較!カタログ数値ランキング!

スズキスペーシアの代車に乗ったことから、軽トールワゴンと軽ワンボックスの決定的な違いを発見し、軽ワンボックスと共に軽トールワゴンの良さを体感しました。

軽トールワゴンと軽ワンボックスの違いはいろいろありますが、エンジンのある場所が違うことが決定的な違いです。軽トールワゴンはボンネット内にエンジンがありますが、軽ワンボックスは座席の下にあります。この違いでそれぞれのメリットとデメリットが生まれています。

それ以降、街中を走っている軽トールワゴンに目が行くようになりましたし、いろいろと調べるようになりました。

そして新たに知ったのが、軽トールワゴンの中でも特に車高が高いものは軽スーパーハイトワゴンと呼ばれていることがわかりました。

と言っても、厳密な規定は無いようですし、また諸説ありますので、管理人の中で車高が1700mm(170㎝)以上ある車種を軽スーパーハイトワゴン、それ以下を軽トールワゴンや軽ハイトワゴンと呼ぶことに決めました。

20181104keisuperhitewagon

スポンサーリンク

2018年10月現在で管理人が軽トールワゴンだと考えていたのは、ホンダN-BOX(エヌボックス)、スズキスペーシア、ダイハツタント、ダイハツウェイク、ダイハツムーブキャンバス、日産デイズルークスの6車種でしたが、ムーブキャンバスの車高は1655mm(165.5㎝)なので軽スーパーハイトワゴンから除外します。

その条件に当てはまるのは、ダイハツがタントとウェイクの2車種、ホンダがN-BOX(エヌボックス)の1車種、スズキがスペーシアの1車種、三菱がeKスペースの1車種ですので、全部で5車種になります。

そのうちダイハツウェイクがトヨタピクシスメガ、ダイハツタントがスバルシフォン、スズキスペーシアがマツダフレアワゴン、三菱ekスペースが日産デイズルークスとそれぞれOEM供給されています。

この人気の軽スーパーハイトワゴン5車種のWEBカタログから抜粋した数値を元にさまざまな角度から比較してランキングにしてみました。

軽スーパーハイトワゴンの車高ランキング

まずは軽スーパーハイトワゴンの最大の特徴でもある広い居住空間を確保するのに大切なポイントとなるのが車高です。

車高が高いことで圧迫感が無くなり広さを感じるものですので、車高の高さを高い順にランキングしてみました。

1位 ダイハツウェイク(トヨタピクシスメガ) 1835mm

2位 ホンダエヌボックス 1815mm

3位 スズキスペーシア(マツダフレアワゴン) 1785mm

4位 三菱ekスペース(日産デイズルークス) 1775mm

5位 ダイハツタント(スバルシフォン) 1750mm

車高がもっとも高いのは、ダイハツウェイクで183.5㎝もあります。

一般的な軽ワンボックスの車高が190㎝前後ですから、ウェイクはもはや軽ワンボックスと言ってもいいかもしれませんね。

軽スーパーハイトワゴンの燃費ランキング

最近の車は軽に限らず燃費が良くなっていますが、燃費の良さが車を購入するにあたってのポイントとなることは間違いありません。

そこで次はカタログ燃費の良い順のランキングです。

1位 スズキスペーシア(マツダフレアワゴン) 30km/L

2位 ダイハツタント(スバルシフォン) 28km/L

3位 ホンダエヌボックス 27km/L

4位 ダイハツウェイク(トヨタピクシスメガ) 25.4km/L

5位 三菱ekスペース(日産デイズルークス) 22km/L

スペーシアはリッター30kmという驚異の数値を出してますね。

言うまでもありませんが、この数字はあくまでもカタログ上の記載されている燃費ですので、実際に走れば確実にこの数字は出ません。

しかもニュースでもさんざん取り上げられた燃費改ざん問題などもありますので、管理人はあくまでも目安として捉えています。

スポンサーリンク

軽スーパーハイトワゴンの低価格ランキング

最後は最も重要な価格ですが、これはどの車種もさまざまなグレードと価格がありますし、自分の好みで選ぶものですから一概に価格だけで車を買うことは少ないと思います。

しかし同じ性能なら安い方が得した気分になるのが一般的でしょう。

性能が同じかどうかを比較するのは難しいので、車両本体価格が安い順のランキングにしました。

※他の項目と違い、価格はOEMでも変わってきますので、全車種ランキングにしました。

1位 ダイハツタント 1220400円

2位 日産デイズルークス 1245240円

3位 三菱ekスペース 1252800円

4位 スズキスペーシア 1274400円

5位 スバルシフォン 1285200円

6位 ホンダエヌボックス 1315440円

7位 マツダフレアワゴン 1333800円

8位 ダイハツウェイク 1350000円

8位 トヨタピクシスメガ 1350000円

最も安い軽スーパーハイトワゴンは軽トールワゴンの草分け的存在とも言えるダイハツタントでした。

確かに小さなお子様がいらっしゃるご家庭の車でママが運転しているというイメージが強い車でもありますよね。

軽スーパーハイトワゴンの高価格ランキング

安い順ランキングを作っていたら、逆に高い順も知りたくなりました。

ということで各車のターボや4WD、カスタムモデル、特別モデル、限定モデルなど最上級グレードの車両本体価格が高い順のランキングです。

※他の項目と違い、価格はOEMでも変わってきますので、全車種ランキングにしました。

1位 ホンダエヌボックス 2274480円

2位 日産デイズルークス 2059560円

3位 三菱ekスペース 1977480円

4位 スズキスペーシア 1908360円

4位 マツダフレアワゴン 1908360円

5位 ダイハツウェイク 1841400円

5位 トヨタピクシスメガ 1841400円

6位 ダイハツタント 1873800円

6位 スバルシフォン 1873800円

堂々の1位は一番売れている軽自動車だけあって価格設定も強気だったのがホンダエヌボックスでした。

古い人間の管理人から見ると軽自動車を買うのに200万円以上かかるというのはちょっと考えられませんが、逆に言えばそれだけ軽自動車が進化したという証しなのかもしれませんね。

まとめ

現時点で大人気の軽スーパーハイトワゴンですが、軽ワンボックスフリークだった管理人でもその良さはよくわかります。

荷物をたくさん積める軽ワンボックスの広さと乗用車の居住性の両方を確保している軽スーパーハイトワゴンはこれからの軽自動車の主流になるのではないでしょうか。

ちなみに管理人が車を選ぶ基準は基本的には見た目と価格です。

そして現時点で管理人が欲しいと思っている軽スーパーハイトワゴンは全てにおいて中間的と言えるスズキスペーシアか限りなく軽ワンボックスに近いダイハツウェイクです。

このランキングはワゴン限定なので登場しませんでしたが、フロントエンジンの軽バンということで車内の静かさが期待できるホンダN-VAN(エヌバン)もやはり気になります。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする