軽ワンボックスに乗る前に知っておきたい7つの基礎知識

軽ワンボックスに興味を持ち始めた方やこれから乗りたいと考えている方が知りたいと思うことにはいろいろあると思います。

細かいことを言えば際限がありませんが、軽ワンボックスに乗る前には最低限、知っておきたい項目としては、メリットとデメリット、軽ワンボックスの軽バンと軽ワゴンの違い、年間の維持費、ファミリーカーとして使用する場合の定員、耐久性や寿命、燃費、危険性と安全性などが7つの項目が重要だと考えています。

ここではこれら7つの項目を詳しく掘り下げた情報を一覧にしてまとめていますので、下記リンクからご覧ください。

軽ワンボックスのメリット・デメリットについて。軽ワンボックスは車体が大きいだけの軽自動車ですので、維持費が安いのがメリットのひとつです。そして車体が大きいのはメリットでもありますがデメリットでもあります。その理由を解説しています。
軽ワンボックスには軽バンと軽ワゴンがあります。その違いは一見しただけではわかりませんが、決定的なポイントは人か荷物かです。そのため車体の設計から足回り、ナンバー、税額まで変わってきます。それらのポイントを理解することでご自分の生活スタイルや考え方にマッチした軽ワンボックスが選べます。
軽ワンボックスの維持費は年間いくら?同じワンボックスタイプでも軽バンと軽ワゴンでは維持費は変わります。ここでは1日30km乗ると仮定した場合の税金、車検、保険料、消耗品、メンテナンスなどでかかる費用を試算しています。
軽ワンボックスに乗れる定員は4人ですが子供の年齢によっては5人まで乗車できます。年齢による子供の数え方からファミリーカーとして軽ワンボックスを選ぶ場合の家族構成などについて考察しています。
軽ワンボックスの耐久性や寿命はどれくらい?長く乗ろうと考えている方や仕事で使う予定の方には気になる項目ですが、耐久性や寿命というのは車自体の作りというよりもユーザーの手にかかっているのではないでしょうか。
車選びの重要なポイントとなるのが燃費ですが、軽ワンボックスの燃費は悪いのです。その理由は変速機のギア比と車重が関係していますが、そのあたりは軽ワンボックスに乗る前にはよく検討しておきたい項目です。
軽自動車は危険と言われていて、特に軽ワンボックスはひとつの箱型という形状のため、運転席の前に何もないことから衝突時には危険というイメージがあります。それらを踏まえた上で軽ワンボックスの危険性と安全性について考えてみました。

軽キャンピングカーの基礎知識

車中泊ブームによって、人気急上昇中なのが軽キャンピングカーです。

軽キャンピングカーは軽ワンボックスの魅力を最大限に引き出すカスタムのひとつですが、軽キャンピングカーには軽バンや軽ワゴンの軽ワンボックスをベースにしたものの他に軽トラをベースにしたものもあります。

そんな軽キャンピングカーについての詳細を以下のページでまとめています。

軽ワンボックスのカスタムの中でも人気が高いのが車中泊ができる軽キャンピングカーです。軽キャンピングカーには軽バンコンと軽キャブコンと軽トラキャンの3種類があります。この3種類についての詳細と軽キャンピングカーのメリット、デメリットをまとめています。
スポンサーリンク

シェアする

フォローする