荷物が積める軽自動車なら軽トールワゴンと軽ワンボックスではどちらが良いか?

軽ワンボックスの最大のメリットというのは、言うまでもなく室内の広さでしょう。

軽自動車の規格ギリギリまで使って、車体を大きくしているので、乗用タイプの軽ワゴンはもちろん、商用タイプの軽バンでも大人が4人乗っても、さらに荷物が十分に積めます。

軽ワンボックスのメリット・デメリットについて。軽ワンボックスは車体が大きいだけの軽自動車ですので、維持費が安いのがメリットのひとつです。そして車体が大きいのはメリットでもありますがデメリットでもあります。その理由を解説しています。

しかし、どうしても軽ワンボックスというのは、仕事用の車というイメージが付きまとうのは確かだと思います。

そんなこともあってか?近年では乗用の雰囲気を残したまま、荷物もたっぷり積める軽トールワゴンが人気ですよね。

軽トールワゴンというのは、ボンネットを持つ背高の軽自動車のことを指し、軽ハイトワゴンとか1.5BOXとかミニバンと呼ばれることもあります。

やはり最大の特徴は、大きい荷物やたくさんの荷物が積めることでしょう。

シートアレンジ次第ではありますが、自転車もそのまま積めるものもあります。

現在ある軽トールワゴンはダイハツから安定した人気のタント、人気急上昇中のウェイク、ホンダは人気NO1と言われているNBOX、スズキのスペーシア、三菱のekスペース、そのOEMの日産ルークスがあります。

さあここで、荷物の積める軽自動車に乗り換えようととしている方たちが悩むのが、軽ワンボックスか?軽トールワゴンか?ということでしょう。

スポンサーリンク

新車の価格的には、それほどの大差はないので考えないものとして、荷物が積める軽自動車としてフォーカスした場合、どちらが良いのかを考えてみました。

荷物が積めることにフォーカスした場合、どれくらいの大きさの荷物、それくらの分量の荷物を積むか?ということが比較の対象になると思います。

ここからはあくまでも個人的な意見となりますが、大きい荷物やたくさんの荷物を積むことがあらかじめわかっている人やキャンプや車中泊をする予定のある人など、仕事でもレジャーでも使いたいという方は、軽ワンボックスが良いと思います。

逆に荷物は普段の買い物くらいしかないとか大きい荷物は子供の送り迎えなどで積む必要がある自転車など荷物の分量や大きさはある程度決まっている方、また、人気のある車に乗りたいという方などは軽トールワゴンが良いと思います。

実際に車を選ぶというのは、ひとつの条件だけで選ぶということはありませんので、画一的には分けられませんが、荷物を積むことも車選びの条件のひとつという方は積む荷物の分量や大きさも考慮しておくべきでしょう。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする