ホンダN-VAN(エヌバン)の試乗とシートアレンジと内装の動画紹介

2018年7月13日にホンダが19年ぶりに新型の軽バンを発売しました。

その名もホンダN-VAN(エヌバン)ということで、N-BOXの商用4ナンバーということのようですが、完全に仕事用のGとL以外の+STYLE(プラススタイル)というタイプではカラーも豊富ですので、遊び車としても移動販売車としてもおしゃれでおもしろそうです。

スポンサーリンク

19年ぶりのホンダの本気の新型だけあって安全性能は完璧ですが、個人的にエヌバンの最大の興味は助手席側のピラーレスです。

N-BOXがベースということで、エンジンレイアウトが軽ワンボックスのデフォルトとなっているキャブオーバーではなく、FFということで軽ワンボックスと比べるとどうしても荷室は狭く感じられますが、ピラーレスにしたことで助手席のドアと荷室のドアを開け放つとかなり大きなものも楽々積めそうです。

シートアレンジも研究されていて、フルフラットになるのはもちろん、ホンダ公式で車中泊キットもオプションで用意されています。

エンジンで特筆すべきは、ミッションがCVTと6MTが用意されていることです。

荷物を積むことを前提とした軽バンでのCVTは非常に珍しいですし、6速マニュアルというのも大型トラックでしか知りません。

このミッションにしたことで、既存の軽ワンボックスと比べると燃費の良さは別格です。

他にもいろんな特徴があるようですが、文字で説明するよりも動画で見た方がわかりやすいので、ここで試乗やシートアレンジ、内装などの紹介をしている動画を共有したいと思います。

新型軽バン!N-VAN試乗しました!

ホンダ新型N-VANのシートアレンジを開発責任者が解説

【 新型N-VAN L HONDA SENSING 】
試乗&車両紹介!インテリア(内装編)を撮影してきた!

スポンサーリンク

やはり新型というだけあって、動画で見てもいいなあと思ってしまいます。

気になる価格は、仕事用のGとLの価格が126万円~145万円と他の軽バンと同じくらいかちょっと高めですが、安全性能のホンダセンシング搭載を考えれば、妥当な価格だと思います。

仕事用よりも上のグレードとなる+STYLE(プラススタイル)にいたっては、156万円~179万円と軽バンではなく完全に上級グレードの軽ワゴンの価格です。

現在での商用車4ナンバーの軽バン市場はスズキエブリイ系とダハイツハイゼット系の2強と言われていて、エヌバンの発売でどうなるかが注目されていますが、軽ワンボックス好きの管理人としてもエヌバンがどうに受け入れられるかがとても楽しみです。

ホンダN-VAN公式ページ

ホンダの軽ワンボックスは軽バンのN-VAN(エヌバン)、N-VAN+STYLE(エヌバンプラススタイル)軽トールワゴンのN-BOX(エヌボックス)の3種類です。軽ワンボックスワゴンはありません。
スポンサーリンク

シェアする

フォローする