冬のドライブ&車中泊の必需品リスト3選!最低限これだけあれば暖かい!

ドライブに最適な季節というのは、やはり春から秋にかけての暖かい時期でしょう。

しかし、冬にはクリスマスやイルミネーション、星空見学、お正月の初詣や初日の出など出掛けたくなるイベントが多いものです。

寒いのが苦手な管理人は、冬にはあまりドライブにも出掛けないのですが、そんな管理人も毎年、出掛ける冬のドライブというのが初日の出を見に行くドライブです。

スポンサーリンク

ご来光を見て手を合わせるとなんとなく良い一年になるような気がするので、初日の出ドライブには出掛けています。

基本的には、混雑しない場所をあらかじめ調べておいて、大晦日の夜中に出発して、日の出までの数時間を車中で過ごすので、ある意味、冬の車中泊になるわけです。

寒いのが苦手な管理人にとって冬の車中泊は、寒くて凍死するんじゃないかと思うほど寒いので、とにかく暖かくするための寒さ対策が最重要事項です。

と言っても、暖かくなるものならなんでも持っていくというのは無謀です。

いくら荷物がたくさん積める軽ワンボックスだと言っても、できるだけ居住空間は確保しておきたいですから、持ち物は少ないに越したことはないというのがポリシーです。

そこで、管理人が考えて実践してみた結果、寒さ対策として十分役に立った冬のドライブ&車中泊の必需品リストをご紹介したいと思います。

マイクロファイバー毛布

まずは毛布です。

冬のドライブや車中泊では、何はなくとも毛布だけは無くてはいけません。

毛布にもいろいろな種類がありますが、おすすめなのはマイクロファイバーの毛布です。

マイクロファイバーの毛布は普通の綿毛布よりも、薄くて軽いですし、暖かさもバツグンなところへきて、値段も安いという冬の車中泊では必須アイテムです。

大判のものを人数分、用意するのはもちろんですが、ひざ掛けサイズなら1枚500円以内で買えるものもあるので、大判にプラスして2~3枚あるだけでかなり重宝します。

マイクロファイバー毛布を探す

使い捨てカイロ

次は使い捨てカイロです。

言うまでもなく使い捨てカイロも冬のドライブや車中泊の必需品です。

貼るタイプや貼らないタイプの他、長時間暖かさが続くタイプなど、使い捨てカイロにもさまざまな種類がありますので、ご自身の用途に合わせて選べます。

なにしろ価格が安いので、たくさん使ってどこもかしこも暖めることができるで重宝します。

使い捨てカイロを探す

カセットコンロ

マイクロファイバー毛布と使い捨てカイロは体の外側を暖めるものですが、それと同時に体の内側から暖めることも冬のドライブ&車中泊には重要です。

そのために必要なのがカセットコンロです。

カセットコンロがひとつあれば、お湯が沸かせるのでコーヒーやお茶などのホットドリンクが飲めるだけでなく、カップ麺やレトルトのごはんとカレーでカレーライスを作ることもできます。

さらに車内でガスコンロを使えば、車内も暖かくなるので一石二鳥です。

ただし、車内で使う時には、防火対策をしっかりして火事を起こさないようにすることと換気をしっかりして一酸化炭素中毒にならないように注意してください。

カセットコンロを探す

ちなみにシガーソケットでお湯を沸かすグッズもありますが、冬の場合はカセットコンロの方がなにかと便利です。

車中泊やロングドライブ時に便利なシガーソケットでお湯が沸かせる車用の電気ケトル。口コミから価格が安いものと高いもの違いを調べた結果、電気ケトルの選び方がわかりました。

まとめ

本格的に冬の車中泊を楽しむのであれば、シュラフや電気毛布などを用意した方が良いと思いますが、一晩だけの初日の出ドライブくらいであれば、最低限ですがこの3つのアイテムさえあれば、十分対応できます。

3つのアイテムの予算を考えても、マイクロファイバー毛布1人分1000円~2000円、使い捨てカイロ30個入り500円~1000円、カセットコンロ2000円~3000円と高く見積もっても5000円~6000円で済みますので、コスパは良いでしょう。

もちろん、着ていく服もユニクロのヒートテックなどのあったかインナーやタイツなど寒さ対策をしていくのは必須です。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする