軽ワンボックスで夏のドライブは車のシートが暑い…そんな時はファン付きシートカバー!

夏は海や山でのバーベキューやキャンプなどアウトドアレジャーに最適な季節ですし、夏休みなどの長期連休には、帰省や観光で長距離ドライブをする方も多いと思います。

管理人も夏になると仕事で使っている軽ワンボックスでドライブに行くことがありますが、困るのが運転中のシートが暑いということなんです。

軽ワンボックスのデメリットのひとつに『エンジンの熱さ』がありますが、夏はそのデメリットを実感する季節でもあります。

軽ワンボックスのメリット・デメリットについて。軽ワンボックスは車体が大きいだけの軽自動車ですので、維持費が安いのがメリットのひとつです。そして車体が大きいのはメリットでもありますがデメリットでもあります。その理由を解説しています。

軽ワンボックスのエンジンは運転席と助手席の下に配置されているタイプ、いわゆるキャブオーバーがほとんどですので、夏の長距離ドライブではエンジンからの熱で足元からお尻、背中にかけて非常に暑くなってしまうのです。

スポンサーリンク

運転席が暑いだけなら、運転席と荷室の間に間仕切りカーテンを設置すれば、かなり涼しくなりますが、これだけではシートの暑さまでは冷やすことはできません。

そこで夏のシートの暑さを軽減させる方法を調べてみたところ、ファン付きシートカバーというものがあることを知りました。

ファン付きシートカバーとは

ファン付きシートカバーとは、シートに吸気ファンが付いていて、車内の空気を吸い込み、背中やお尻に送風してくれるというものです。

車のシートの暑さ対策として思いつくのが、背中やお尻がシートに直接触れないようにするメッシュタイプや触った時に冷たく感じる接触冷感素材を使用したシートクッションなどが一般的ですが、これらはあくまでも暑さを軽減させることはできても冷やすことはできません。

しかし、ファン付きシートカバーはファンを使って送風してくれますので、背中やお尻を冷やすことができるわけです。

気になるのは実際に使ってみた時ですので、レビュー数の多かったボンフォーム クールクッションの愛用者の口コミを調べてみました。

運転席が暑くなる車(エブリイ)に

エブリイワゴンを購入したのですが、運転席下にエンジンがあるため、座面が熱くなります。メッシュの座布団を敷いてもさほど効果を得られず、そこでこれを購入してみました。結果、おしりが蒸れることから開放されました。

夏は欠かせないアイテム

良いところ:背面は腰くらいまでと、座面がちゃんと空気が送り込まれてきてとても涼しい、少し長く付けてると寒いくらい(笑)

悪いところ:素材のせいなのかクサイ!匂いが取れるまで相当時間がかかる、慣れてしまった可能性も?空気の通り道を作ってるので固くてお尻が痛い。

メッシュの薄い座布団使用で多少固い感じはするが我慢できないほどではない。

いい感じ

作りはしっかりしています。

座り心地はゴツゴツしてます。

ズゴク強い風が出てくるわけてはないのですが、とても気持ちの良い風が出てきます。

暑い日でも背中とお尻が汗で濡れる様な事は無いです。(汗かきの私でも)

ファンの音は多少しますが、そんなに気にはなりません。

長持ちしそうな感じです。

※ボンフォーム クールクッションのアマゾンカスタマーレビュー

スポンサーリンク

ここでは良い評価だけを抜粋しましたが、批判的な評価では『硬い』『固定できない』など使い勝手に対しての評価で涼しくないという口コミが見当たりませんでした。

まとめ

口コミを読む限り、ファンがしっかり送風してくれるということですので、夏のドライブでも背中やお尻が蒸れない状態で運転できそうです。

夏に軽ワンボックスのシートが暑くて不快だという方は試してみる価値はあるのではないでしょうか。

なお、ファン付きシートカバーの価格は3000円前後から10000円前後まで、さまざまな種類がありますのでファン付きシートカバー一覧から探してみてください。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする